金子 達仁(かねこ たつひと) Tatsuhito Kaneko
スポーツライター

1966年神奈川県生まれ。法政大学社会学部卒。サッカー専門誌の編集部記者を経て、1995年独立。1996年、『Sports Graphic Number』誌に掲載された「断層」「叫び」で、ミズノスポーツライター賞受賞。スポーツライターだけでなくノンフィクション作家としても活動するほか、ラジオパーソナリティ、サッカー解説など多数メディアに出演。2006年~2010年まで日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。代表作に『28年目のハーフタイム』『決戦前夜』がベストセラーに。アスリートやアーティストのこだわりやストーリーにフォーカスを当てたスポーツメディアKING GEAR(キング ギア)生みの親。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
迷走する技術者王国<br>ホンダが消える日

「ホンダにしかできないエッジの立たせ方をしないと、ホンダはいなくなる」。八郷隆弘社長が断言。独創性を取り戻そうと、提携や研究開発組織の再編を加速。生き残れるのか。