會田 友紀(あいだ ゆき) Yuki Aida
花咲徳栄高等学校教諭

2018年現在、花咲徳栄高等学校勤務20年目(食育実践科を担当)。東京家政大学家政学部栄養学科、昭和女子大学大学院生活機構研究科人間教育学専攻。2014年から3年間、文部科学省事業「スーパー食育スクール」の指定を受け、「食とスポーツ」をテーマに様々な取り組みを実施。2017年度は文部科学省事業「つながる食育推進事業」モデル校となり、継続した4年間のアンケート調査や骨密度とヘモグロビン計測のデータ(全校生徒約1750名分)をもとに分析を行い、食育の効果を多角的に検証。高等学校の現場で継続した食育活動を展開。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。