奥田 祥子(おくだ しょうこ) Shoko Okuda
近畿大学教授、ジャーナリスト

京都市生まれ。元読売新聞記者。博士(政策・メディア)。ニューヨーク大学文理大学院修士課程修了。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学。専門は労働・福祉政策、ジェンダー論、メディア論。主な著書に、『社会的うつ―うつ病休職者はなぜ増加しているのか』(晃洋書房)、『男性漂流―男たちは何におびえているか』(講談社)、『「女性活躍」に翻弄される人びと』(光文社)のほか、『夫婦幻想』(筑摩書房)、『男という名の絶望―病としての夫・父・息子』(幻冬舎)、『男はつらいらしい』(文庫版:講談社)などがある。20年以上にわたり、対象者一人ひとりに継続的なインタビューを行い、取材者総数は500人を超える。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT