劉延豊
游仁堂(Yo-ren Limited)中国オフィス代表

日本で小学校と大学時代を過ごし、日・中・英語のトリリンガルのみならず、日中双方の文化背景について深い知見を持つ。東京工業大学工学部卒業後、McKinsey & Co.に加入し、連続して最高評価を得続ける。主なプロジェクトとして、日本企業の中国における発展戦略策定や執行力上昇を主に手がける。リテール、ハイテク、保険及び建築機器の各業界に詳しい。2011年、共同創業者として游仁堂に加わり、全体運営を担当する。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。