ブラッド・グロッサーマン Brad Glosserman
多摩大学ルール形成戦略研究所 客員教授

パシフィックフォーラムCSISシニアアドバイザー。1991年から2001年にかけて、The Japan Times編集委員。現在、ソウル発行の研究雑誌『New Asia Research Institute』の編集委員や、オーストリアのインスブルック・マネジメント・センター講師なども兼任。ジョージ・ワシントン大学法務博士、ジョンズホプキンス大学ポール・H・ニッツェ高等国際関係大学院修士、リード・カレッジ学士。近著に、外交問題評議会(CFR)のスコット・スナイダー氏と共著でコロンビア大学出版会より2015年に出版された‟The Japan-South Korea Identity Clash: East Asian Security and the United States"がある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。