ブラッド・グロッサーマン Brad Glosserman
多摩大学ルール形成戦略研究所 客員教授

パシフィックフォーラムCSISシニアアドバイザー。1991年から2001年にかけて、The Japan Times編集委員。現在、ソウル発行の研究雑誌『New Asia Research Institute』の編集委員や、オーストリアのインスブルック・マネジメント・センター講師なども兼任。ジョージ・ワシントン大学法務博士、ジョンズホプキンス大学ポール・H・ニッツェ高等国際関係大学院修士、リード・カレッジ学士。近著に、外交問題評議会(CFR)のスコット・スナイダー氏と共著でコロンビア大学出版会より2015年に出版された‟The Japan-South Korea Identity Clash: East Asian Security and the United States"がある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。