感染者激減した「イギリス」から日本が学べる事

効率的とはいえない国でワクチン接種進んだ訳

4月12日以降はすべての小売店の営業が許されたほか、美容院、理髪店、レストラン、パブも久しぶりにオープン。ただし、レストランやパブは外での飲食のみ。また、同居していない人同士は、「戸外で」「6人まで」なら集まってもよいという制限が付く。海外旅行もまだ原則禁止だ。

そこで筆者は12日、早速ショッピング街に出かけてみた。廉価で洋服が買える「プライマーク」の前は若い女性たちが長い列を作っていた。理髪店前には男性たちが並ぶ。

夕方には家族と一緒にパブに出かけてみた。以前のように、パブの中に入って座ることはできないので、外に置かれたテーブルについた。マスクをしたウェイターがやってきて、テーブルに置かれているQRコードを読み取ってほしいという。

久しぶりに、パブで乾杯。テーブルの上に置かれたQRコードを使って注文をする(写真:筆者撮影)

スマートフォンのカメラ機能をコードにあてると、飲み物や食べ物を注文するアプリが自動的に開く。アプリで飲み物を注文した。「面倒くさいことになったね」と家人がため息をつく。久しぶりのパブ体験だが、なんだかうきうきした感じがなかった。「ふらりと入る」ことができなくなったせいだろうか。

現在は40代後半が接種対象に

家に戻ると、中庭で隣人たちが集まっていた。互いに椅子と飲み物を持ち寄って、ソーシャル・ディスタンスを取りながら、乾杯である。「やっぱり、直接話すのはいいね」とホリーさんが言う。ブロンドの髪がいつもよりも丁寧にスタイリングされている。「今日、美容院に行ってきたの」。

「私もよ」とシベルさん。「なんだか安心できるね、私たち全員が抗体を持っているか、ワクチン接種済みだから」とスザンナさん。シベルさんとスザンナさんは小学生の子供たちを持つ母親だが、子供と一緒にPCR検査を受けて陽性となり、10日間、自宅隔離を経験した。ホリーさん、筆者、家人はすでにワクチン接種済みだ。 

「コロナに感染したか、ワクチンを受けたか、どちらかでないと時流に乗っていないみたいで、つまらないわね」とホリーさんが笑う。

イギリスでは、コロナのワクチンを受ける人の順番を「医療関係者」、次に「高齢者」という区分けをした。今は、40代後半が対象となっており、7月末には成人全員が接種できるという。

次ページなぜイギリスでワクチン接種が急激に進んだのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT