あのSKE48に買収価格「30億円」の価値はあるか

買ったKeyHolder社は乃木坂人脈も使う凄腕

KeyHolder社が30億円で買ったSKE48。最近ではバラエティ番組への出演急増で、須田亜香里(中央)の存在感が増している(筆者撮影)

SKE48事業に対する買収価格は30億円――。

2018年10月5日に結成10周年を迎えたSKE48。だが、名古屋・栄を拠点に活動するこの女性アイドルグループに激震が走ったのは、それからまもない11月13日のことだった。

というのもSKE48はメンバーやスタッフごと、AKB48や姉妹グループ(SKE48、HKT48、NGT48)の運営会社AKSから、KeyHolder社(ジャスダック上場)に事業譲渡されることが発表されたからだ。譲渡価格は何と30億円! これをキャッシュで支払った。

同時に開示されたSKE48事業は、2017年11月期実績で、売上高21.5億円、営業利益3.6億円と、ガラス張りで開示され、業界関係者の間では「高い」という評価がもっぱらなのだ。

売上高21.5億円、営業利益3.6億円もガラス張り

SKE48を買った持ち株会社のKeyHolderは2019年1月、事業の受け皿となる芸能プロダクション子会社として、株式会社SKE(SKE社)を新設した。つまり当面はSKE48のことのみを手がける会社である。

「会社名もグループの名前になり、親しみがあります。まだ始まったばかりなので実感は正直ないですが、イチから作り上げる楽しみがあります。気持ちも新たにいろんなことに目を向けて、より一層がんばっていこうと思います」

新会社への移管後、SKE48のキャプテンである斉藤真木子が64人いる現メンバーを代表して、寄せたコメントだ。3月1日からはSKE社による運営が始まり、これから新たな門出に臨むということだろう。

実はKeyHolderは、多数の買収によって総合エンタメ企業になりつつあり、その分、グループが複雑な構成になっている。2020年3月期のKeyHolderグループの体制について整理してみたい。

持ち株会社KeyHolderは傘下に、SKE社、広告代理店オルファスのほか、有力なテレビ番組制作会社を2社持つ。人気番組「マツコの知らない世界」(TBS)や「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日)を制作するKeyProduction社と、「有吉ジャポン」(TBS)を制作するフーリンラージ社だ。

また旧スタジオアルタ運営のKeyStudio社は、「笑っていいとも!」(フジテレビ)時代からの知名度を生かし、秋元康プロデュースのオーディション番組(テレビ朝日)から誕生した「ラストアイドル」の定期ライブなど、ほぼ毎日イベントを開催している。さらに秋元や弟の伸介らが出資するFA Project社は、乃木坂46を卒業したばかりの西野七瀬をキャラクターに起用したカラーコンタクトレンズを、今春投入する予定だ。

次ページ乃木坂の仕掛け人がSKEの社長に?!
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。