眠るな危険!乗り過ごしたら大変な通勤列車

気付いたら隣の県や山の中・・・

電車で寝過ごした経験のある人は多いだろうが、乗った列車によっては大変なことに・・・(写真:Ushico / PIXTA)

列車で通勤、通学をした経験のある方なら、誰でも一度はやらかしているであろう乗り過ごし。

学生時代、部活でヘトヘトになって電車に乗って、気がついたら山の中……。仕事疲れで、ついウトウトしてしまって隣の県に……。飲み会でガッツリ飲んで終電車に乗って、帰りのタクシー代が……。シートに座ったが最後、見知らぬ土地へと運ばれるショックは、精神的にも金銭的にも大ダメージだ。

そこで、時刻表で見つけた全国各地の「寝過ごしたら危険な列車」を筆者が独自にピックアップ、乗り過ごした際の「危険度」を最上位のSからEまでランク付けしてみた。忘年会・新年会で乗り過ごしのリスクが高くなってきている季節、本記事を参考にしていただけたら幸いである。

「きょうは早く帰れる」そんな日に要注意!

まずは、ターミナル駅を17時台~19時台に出発する列車から。JR九州の吉塚17時37分発の早岐(はいき)行(博多17時47分発)や、久里浜16時45分発の鹿島神宮行(横浜17時38分発、東京18時10分発)は、なかなかの長距離列車。乗り過ごすと相当なダメージだ。

だが、終点まで乗り過ごしても、普通列車や快速列車を乗り継げば、前者は始発駅の吉塚まで、後者は横浜までなら戻れる。これらの列車は比較的危険度の低い「E」だ。

この時間帯で危険なのは、JR東海の亀山18時02分発の新宮行。この列車は三重県の亀山から、津、松阪、尾鷲、熊野市と紀勢本線をひたすら走り、紀伊半島を南下。和歌山県の新宮へと向かう列車だ。三重県の県庁所在地、津を18時23分に出発するため、帰宅時に利用しやすい。

次ページ目覚めたらはるか彼方の終点だった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT