東京ガスの電気料金は、どこまでお得なのか

自由化に向けていち早く料金プランを発表

送配電網は東京電力のものを利用するが、いよいよ電力小売りは全面自由化へ(TONY/PIXTA)

東京ガスは、2016年4月の電力小売り全面自由化を踏まえた料金プランを発表した。都市ガスと電気をセットで契約した場合に、基本料金の割引などによる割安な料金を設定。東京電力が独占している「低圧分野」と呼ばれる家庭向けおよび中小企業向け市場で攻勢をかける。

2016年1月4日から申し込み受け付けを開始し、4月1日から契約者向けに電気を供給する。同時にウェブ会員サービスもリニューアルし、月々の電気やガスの使用量などが一目で分かるようにする。

東京ガスによれば、東京都内の戸建て住宅で3人暮らしの家庭での平均的な使用の場合、現在の東電との契約(従量電灯B、40アンペア)と比べて「年間4000~5000円お得になる」(同社)という。率にして5%程度だ。さらに、同様の3人世帯で、インターネット接続サービスや水回りや鍵、ガラスなどのトラブルに対応する生活関連の駆けつけサービスともセットにした場合には、「ポイント付与やキャンペーン特典などを含めて年間2万円以上もお得になる」(同社)としている。

東京電力の牙城を崩せるか

「お得感に加えて安心感や簡単・便利という3つの価値を提供したい」と笹山晋一・事業革新プロジェクト部長

これまで東京ガスはグループ企業を通じた大企業向け電力販売で「新電力」(既存の電力会社以外の新規参入企業)として首位であるほか、家庭向けでも「エネファーム」(家庭用燃料電池コージェネレーションシステム)を通じて電気供給の実績を積み上げてきた。

こうしたこともあり、記者会見で東京ガスの笹山晋一・事業革新プロジェクト部長は、「お得感に加えて、安心感や簡単・便利という3つの価値を提供したい」と言葉に力を込めた。

次ページ迎え撃つ東電は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。