リクルート、ますます高まる買収意欲の矛先

オランダの派遣会社買収に約1900億円投入

来期業績への影響については「お答えできない」とする、リクルートの佐川常務(右)

いったい大金をつぎ込む理由は何か――。

12月22日、リクルートホールディングスがオランダの人材派遣会社USG People社の株式を公開買い付け(TOB)し、2016年4~6月期をメドに子会社化すると発表した。同年3月にTOBを開始、4~6月に終了する予定だ。USG株の95%以上の取得を目指している。

USGの取得価格は1897億円

取得価格は1897億円で、手元資金と借入金でまかなう。手元資金は9月末で2000億円強あるが、買収に充てる手元資金と借入金の割合は、「今後詳細を検討する。USGは安定的なキャッシュフローが見込まれるので、負債を活用したい」(財務担当の佐川恵一常務)。

取得価格とUSGの連結純資産の差額は1262億円。その全額がのれんになるわけではなく、「のれんと無形固定資産の2つにわけて計上するが、買収後に精査する」(佐川常務)。

1株17.5ユーロというTOB価格は、公表前3カ月の株価に、3割のプレミアムを乗せたもの。「算定方法は今までのM&Aと同様。3割のプレミアムはオランダで適正な水準だ」(佐川常務)。USGの役員会は今回のTOBに賛同している。

次ページ1年あまりで企業買収に3000億円
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。