リクルート、ますます高まる買収意欲の矛先

オランダの派遣会社買収に約1900億円投入

来期業績への影響については「お答えできない」とする、リクルートの佐川常務(右)

いったい大金をつぎ込む理由は何か――。

12月22日、リクルートホールディングスがオランダの人材派遣会社USG People社の株式を公開買い付け(TOB)し、2016年4~6月期をメドに子会社化すると発表した。同年3月にTOBを開始、4~6月に終了する予定だ。USG株の95%以上の取得を目指している。

USGの取得価格は1897億円

取得価格は1897億円で、手元資金と借入金でまかなう。手元資金は9月末で2000億円強あるが、買収に充てる手元資金と借入金の割合は、「今後詳細を検討する。USGは安定的なキャッシュフローが見込まれるので、負債を活用したい」(財務担当の佐川恵一常務)。

取得価格とUSGの連結純資産の差額は1262億円。その全額がのれんになるわけではなく、「のれんと無形固定資産の2つにわけて計上するが、買収後に精査する」(佐川常務)。

1株17.5ユーロというTOB価格は、公表前3カ月の株価に、3割のプレミアムを乗せたもの。「算定方法は今までのM&Aと同様。3割のプレミアムはオランダで適正な水準だ」(佐川常務)。USGの役員会は今回のTOBに賛同している。

次ページ1年あまりで企業買収に3000億円
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。