リクルート、ますます高まる買収意欲の矛先

オランダの派遣会社買収に約1900億円投入

来期業績への影響については「お答えできない」とする、リクルートの佐川常務(右)

いったい大金をつぎ込む理由は何か――。

12月22日、リクルートホールディングスがオランダの人材派遣会社USG People社の株式を公開買い付け(TOB)し、2016年4~6月期をメドに子会社化すると発表した。同年3月にTOBを開始、4~6月に終了する予定だ。USG株の95%以上の取得を目指している。

USGの取得価格は1897億円

取得価格は1897億円で、手元資金と借入金でまかなう。手元資金は9月末で2000億円強あるが、買収に充てる手元資金と借入金の割合は、「今後詳細を検討する。USGは安定的なキャッシュフローが見込まれるので、負債を活用したい」(財務担当の佐川恵一常務)。

取得価格とUSGの連結純資産の差額は1262億円。その全額がのれんになるわけではなく、「のれんと無形固定資産の2つにわけて計上するが、買収後に精査する」(佐川常務)。

1株17.5ユーロというTOB価格は、公表前3カ月の株価に、3割のプレミアムを乗せたもの。「算定方法は今までのM&Aと同様。3割のプレミアムはオランダで適正な水準だ」(佐川常務)。USGの役員会は今回のTOBに賛同している。

次ページ1年あまりで企業買収に3000億円
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT