リクルート、ますます高まる買収意欲の矛先 オランダの派遣会社買収に約1900億円投入

拡大
縮小

実現すれば、アデコ、ランスタッド、マンパワーに次ぐ、世界4位に浮上する(現在は世界6位)。リクルートは今回の買収によって、欧州の人材派遣市場に本格参入することになる。世界3強の背中はまだ遠いとはいえ、佐川常務は「規模は追わない。リクルートの事業運営ノウハウである『ユニット経営』を導入し、企業価値を向上することが大事」と強調した。

リクルートは2014年10月の株式公開時、「7000億円規模のM&A余力がある」としていた。これまでの1000億円と今回の2000億円で、計3000億円。1年余りですでに半分近い水準に到達することになる。

のれん代の算定はこれから

7000億円のM&A余力のうち、3000億円を投じた(写真はリクルート本社、撮影:尾形文繁)

買収後のUSGでは、本原仁志常務がチェアマンに就任するものの、USGのロブ・サンダーベルヘンCEO、レーン・ヘイナートCFOが、引き続き留任する予定だ。「ローカルブランドが高い信頼を得ているので」(佐川常務)、ブランドは統一せずに、当面はUSGのブランドを使う見込みである。

気になるのは来期の業績への影響だ。ただ、のれん算定がこれからなのと、連結開始の時期が流動的なので、「お答えできない」(佐川常務)という。

果たして今回の買い物が高くついたか、安くついたか。リクルートは今後出てきた結果で、自ら証明していくしかない。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT