株価乱高下で難しい相場環境になってきた

ふるさと納税先から返礼品が続々到着

ところで、北海道新幹線開業(2016年3月26日)まであと100日。東京―新函館北斗間は最速4時間2分だそうだ。以前、特急を3つ乗り継いで盛岡から帯広までほぼ1日がかりで行ったことがある。北海道新幹線で函館まで行っても、函館から札幌までは結構距離があるんだよね。1日中特急に乗っていると、降りたあとでもしばらく揺れている感じがしたのを思い出した。運転手さんはそのようなことはないのだろうか?

ふるさと納税の返礼品がそろった

【12月18日(金)】午前3時、日経225先物は30円高の1万9360円。NYダウは253ドル安の1万7495ドルと4日ぶり反落。米議会が40年来の原油輸出禁止措置の解除に合意した。金融政策決定会合で、日銀はETF買い入れ年3兆円から3000億円増と発表し、12時55分、515円高の1万9869円まで急騰したが、終値ではまさかの366円安の1万8986円と大幅安。今日は特に何もないだろうと相場は見ていなかったのだが、こんなに乱高下するなら日経225先物をデイトレするチャンスだったな。

【12月19日(土)】午前3時、日経225先物は120円安の1万8830円、NYダウは367ドル安の1万7128ドルと2カ月ぶり安値。1ドル121.27円、1ユーロ131.86円。米FRBは予定通り利上げしてきたが、原油価格急落で相場が乱高下し、難しい相場になってきたな。

この2週間でふるさと納税先から続々とお礼の品々が送られてきた。

秋田県湯沢市 5000円 稲庭うどん 500g×3
静岡県焼津市 5000円 炭火焼鰹たたき(ハーフカット)1kg、たれ10ml×5
静岡県焼津市 5000円 まぐろたたきセット 
(天然本まぐろたたき100g×2、天然めばちまぐろ100g×4)
三重県明和町 1万円  松阪牛100% 幻のハンバーグ 150g×5 月200組限定
埼玉県幸手市 1万円  特選 幸手のコシヒカリ特別栽培米(白米15kg)
茨城県坂東市 1万円  深蒸し茶 2.5kg

前回記事(12月15日)でヤフーニュースにアップされたコメントに、「地方自治体トータルでみれば、お礼の分の税収が減るのでやめた方がいい」「今住んでいる自治体からサービスを受けているのだから、今住んでいる自治体に全額納税するべきだ」という意見があったが、そもそも、ふるさと納税制度は、地方活性化の目的で始まった制度では。

地方出身者が首都圏や都市部に上京し仕事をしていると、地方には税収は入らない。お礼品の品々も自治体の地元企業のものなので、売り上げが増えれば税収も増える。ふるさと納税の限度額も年収からするとせいぜい2%弱程度なので、これくらいはいいのではないかと個人的に思う。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。