パナソニック、冷蔵庫メーカーを買収へ

米産業用冷蔵庫メーカーのハスマン

 12月21日、パナソニックは、米産業用冷蔵庫メーカーのハスマンを買収することで合意した。幕張CEATEC会場で10月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino )

[東京 21日 ロイター] - パナソニック<6752.T>は、米産業用冷蔵庫メーカーのハスマンを買収することで合意した。複数の関係筋がロイターに述べた。21日にも正式に発表する。買収金額は1500億─2000億円という。

パナソニックは、プライベート・エクイティファンドのCD&R(Clayton, Dubilier & Rice)が保有するハスマンの株式を取得する。ファンドは2011年、ハスマンの筆頭株主になっていた。

パナソニックは、液晶テレビや携帯電話などの収益性の低い事業を縮小する一方、高いマージンを見込める分野での成長を模索している。グループ全体で2018年度に10兆円の売上高を目指すために1兆円の投資を行う計画で、今回の買収もこうした戦略の一環。

パナソニックの広報担当者はコメントを差し控えるとした。

(江本恵美、布施太郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT