東洋経済CSRデータの詳細分析で判明!「女性が活躍する企業」はここが違う《第2回》 海外と異なる日本の女性活躍企業の自己資本と有利子負債のバランス

 もし、この企業で借金が増えすぎるなどして倒産の危機が生じていると仮定しよう。このとき、ここで働く従業員は、汎用的でないスキルを習得するための訓練を真面目に受けようと考えるだろうか?

このケースは、固有の技術を有する企業が財務レバレッジを高めるような経営を行った場合に、従業員の努力インセンティブ(真面目に訓練を受けて、製造に取り組む動機)を削いでしまう可能性があることを示している。このような企業にとっては、倒産する事態を避けるために、一般の企業より財務レバレッジを低下させておくこと(有利子負債を自己資本に対して減らすこと)が望ましいといえる。

この関係を確かめるために、ヨーク大学(カナダ)のBae教授をはじめとする研究グループは、従業員の福利厚生や報酬制度などを評価したKLD社(現MSCI Inc.)の従業員福利厚生スコア(Employee well-being score)を用いて、S&P500指数の構成企業を対象に分析を行った。その結果、従業員福利厚生スコアの高い企業では、財務レバレッジが低いことを見出している*1。すなわち、自社固有のスキルが競争の源泉となるような企業にとって、財務レバレッジが低い方が好ましいことが実証的にも示されている。

以上の議論は、女性従業員が活躍する企業に対しても同様に考えられる。そこで、ここでは女性従業員の活躍を表す指標(以降、女性指標)として、『CSR企業総覧』2012年版から計算される女性採用者比率、女性従業員比率、女性管理職比率を用いる*2。これらの指標を、企業が属する業種*3ごとの中央値よりも高いグループ(High)と低いグループ(Low)に分類した上で、各グループの財務レバレッジの平均値を比較する。
-----------------------------

*1 Bae, K., J. Kang, and J. Wang(2011), “Employee Treatment and Firm Leverage: A Test of the Stakeholder Theory of Capital Structure,” Journal of Financial Economics 100(1),130-153.
*2 この理由は、第1回連載時に述べたように、部長以上の女性役職者がほとんど存在しないためである。
*3 第1回「女性従業員の活躍状況」で分類した7業種(素材、加工、製造、非製造、運輸、公益、金融)を用いている。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。