原油相場は2016年1月が重要な転換点になる

イエレンFRB議長と日銀総裁の会見に要注目

これも過去の変動期間を参考にヒントを見出すことができます。

実は原油相場は、2008年7月高値(147.27ドル)と2008年12月安値(32.40ドル)を中心に左右対称の期間で主要な高値と安値を形成してきました。

たとえば、2001年11月安値~2008年7月高値までの81カ月に対して、2008年7月高値~今年3月に付けた主要な安値(42.85ドル)までが81カ月でした。2001年11月安値~2008年7月高値までの81カ月に対し、2008年12月安値~今年の 8月安値(37.75ドル)までが81カ月でした。

次の重要なタイミングは2016年1月

次の重要なタイミングは、2001年11月安値~2008年12月までの86カ月に対し、2008年12月から86カ月目となる2016年1月です。今年の3月安値~8月安値までに要した5カ月後の次のサイクルでもあるため、グラフ上でたとえると、横軸の時間は1月、縦軸の価格は30ドルを割れた局面から、何かが少しずつ変わっていくのかもしれません。

商品市況全般を含め、株式、為替、債券市場なども分岐点に近い動きをするのではないでしょうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。