原油相場は2016年1月が重要な転換点になる

イエレンFRB議長と日銀総裁の会見に要注目

これも過去の変動期間を参考にヒントを見出すことができます。

実は原油相場は、2008年7月高値(147.27ドル)と2008年12月安値(32.40ドル)を中心に左右対称の期間で主要な高値と安値を形成してきました。

たとえば、2001年11月安値~2008年7月高値までの81カ月に対して、2008年7月高値~今年3月に付けた主要な安値(42.85ドル)までが81カ月でした。2001年11月安値~2008年7月高値までの81カ月に対し、2008年12月安値~今年の 8月安値(37.75ドル)までが81カ月でした。

次の重要なタイミングは2016年1月

次の重要なタイミングは、2001年11月安値~2008年12月までの86カ月に対し、2008年12月から86カ月目となる2016年1月です。今年の3月安値~8月安値までに要した5カ月後の次のサイクルでもあるため、グラフ上でたとえると、横軸の時間は1月、縦軸の価格は30ドルを割れた局面から、何かが少しずつ変わっていくのかもしれません。

商品市況全般を含め、株式、為替、債券市場なども分岐点に近い動きをするのではないでしょうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT