続・悩む力 姜尚中著

続・悩む力 姜尚中著

還暦を過ぎた著者は「悲劇的ヒューマニズム」を受け入れたいという。それは「人間が、はかなく死ぬ運命にあることを念頭に」置くからだ。

そこでは、「二度生まれ」がキーワードになる。「人は生死の境をさまようほど心を病み抜いたときに、はじめてそれを突き抜けた境涯に達し、世界の新しい価値とか、それまでとは異なる人生の意味をつかむことができる」。

夏目漱石を例に引けば、前人未到の地平を切り開く意気込みで文学の道を突き進んでいく。そして、人生最大の危機に陥って、生まれ変わった。その道程は作品に如実に反映されているという。

ベストセラー『悩む力』刊行から4年を経て、「幸福のあり方」を見つめ直す。

集英社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。