続・悩む力 姜尚中著

続・悩む力 姜尚中著

還暦を過ぎた著者は「悲劇的ヒューマニズム」を受け入れたいという。それは「人間が、はかなく死ぬ運命にあることを念頭に」置くからだ。

そこでは、「二度生まれ」がキーワードになる。「人は生死の境をさまようほど心を病み抜いたときに、はじめてそれを突き抜けた境涯に達し、世界の新しい価値とか、それまでとは異なる人生の意味をつかむことができる」。

夏目漱石を例に引けば、前人未到の地平を切り開く意気込みで文学の道を突き進んでいく。そして、人生最大の危機に陥って、生まれ変わった。その道程は作品に如実に反映されているという。

ベストセラー『悩む力』刊行から4年を経て、「幸福のあり方」を見つめ直す。

集英社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT