吉祥寺に、なぜ「中央特快」が停まらないのか

「住みたい街」ナンバー1なのに通過するワケ

画像を拡大
三鷹から都心に向かう中央・総武緩行線(写真:ニングル / PIXTA)

多摩地方の乗客を都心に送り込み、また都心の乗客を多摩地方に送り帰すというのが、これらの特快の目的だ。

一方で、その中間駅の乗客のためには、三鷹や国分寺で快速に乗りかえさせるというようにする。「中央特快・青梅特快」と「快速」がリンクして、効率的な輸送ができるようにダイヤが作られている。

これは、「通勤特快」が1993年に上りのみの列車として登場した当時から変わらない。目的は、長距離通勤客を短距離の通勤客と分けることだ。高尾・八王子・立川・国分寺・新宿・四ツ谷・御茶ノ水・神田・東京と停車する。

通勤快速は吉祥寺に停まる

一方、「通勤快速」は夕方の帰宅時のものである。「中央特快・青梅特快」の停車駅に加え、荻窪、吉祥寺にも停車する。住宅地の拠点駅として存在感の大きいこれらの駅への便をはかると同時に、東京メトロ丸ノ内線や京王井の頭線の乗客からの乗り継ぎ客も考慮してのことだろう。

それらの速達系の列車の間に、ふつうの「快速」が走っている。

吉祥寺は、多摩地域とはいえども、最東端でむしろ都心に近い。中央線のダイヤは、23区内の乗客、それ以西の乗客なども考慮しつつ、効率的に作られている。吉祥寺は、まだまだ都心に近く、旅客の流動を考えると特快を停車させないというのも合理的な判断なのだろう。
 

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT