「酔っ払い対策」関西の鉄道はココまでやる!

忘年会シーズン!ホームからの転落防止策

一方、首都圏での対策として多いのはホームドアの設置だ。JR山手線では全29駅のうち20駅で設置が完了、さらに3駅で今年度中の稼働開始が予定されている。東京メトロでも設置が進み、丸ノ内線や有楽町線、副都心線などのほぼ全駅で導入を終えている。

画像を拡大
山手線では20駅にホームドアが設置されている

銀座線や日比谷線でも設置に向けた準備が進められており、12月7日の記者会見では銀座線で初めて、上野駅の1番ホームに12月20日、設置されることが発表された(稼働開始は2016年3月12日の予定)。

同駅ではホームドアのほかに、ホームと車両の間への転落を防ぐ可動ステップも設置される。

また、東急電鉄ではホームドアが設置されるまでの間、乗降部以外の場所に安全柵を設置するなどしているが、この安全柵は「ホーム端は危険な場所だ」ということを知らせる効果も見られ、ホーム端を歩く乗客が減ったそうだ。

ホームドアの効果は絶大で、意図的に飛び越えないかぎり線路への転落が不可能になるため、設置駅での事故はゼロになる。「できればホームドアを設置するのが理想であり、可能なかぎり導入していきたい」(東京メトロ広報部)というのが各社の考えだ。

関西でホームドア設置が進まない理由

首都圏の各路線は車両の長さやドア数が統一されていることが多く、ホームドアの導入がしやすいという面もある。逆に、同一路線で異なるドア数の車両が走っている場合、ホームドアの設置は難しい。

山手線から6ドア車がなくなった理由の1つは、山手線にホームドアを設置する際、異常時にその線路上を走る可能性がある京浜東北線とドアの位置を揃える必要があったためだ。

こういった事情は関西でも同様で、JR大阪環状線ではホームドア設置に向けて3ドア車の開発を進めているが、莫大な投資が必要となることもあって、なかなか進まないのが現状のようだ。

鉄道事業者もハード・ソフト両面で多様な対策をしているが、われわれ利用者も「ホームの端を歩かない」という基本をいま一度肝に銘じるとともに、お酒はくれぐれもほどほどにしたいものだ。
 

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。