既存の組織、サービスを「爆速」で変えていく--ヤフー社長兼CEO 宮坂 学

--井上前社長の体制が長かったこともあり、「ヤフー=井上」というイメージが根強くあります。この間、組織が硬直化したり、官僚化したり、ということはなかったですか。

若干、守りに入っていたところはあるかもしれません。外部の人に聞くと、ヤフーのスピードが遅くなったとか、戦闘的じゃなくなったとか、草食系の雰囲気になっていると。

確かに、昨日の仕事を今日はより上手にやるということは、すごくうまくなってきたと思います。このこと自体は大事なことですが、企業である以上、昨日の仕事を明日壊さないといけない部分も必ずある。バランス的には、壊す部分が若干弱くなっているようです。昨日とは違う明日を作るような仕事をやらないといけない。

──組織文化を変えることは非常に難しいことです。社員の受け止め方はいかがですか。

グループ全体で5000人以上いますから、一夜にして変わるということはありません。ただ、ヤフーのもともとのDNAがスピーディな組織文化だったので、それを思い出そうと言っています。これまでの成長の過程で、チェックリストがいっぱいできたり、承認印が増えていったりしました。仕事の精度を上げる方向には向かいましたが、スピーディではない。社内では「爆速」で行こうと表現しています。

ナンバー1以外のサービスは認めない

──全体の事業をどのように再構築していきますか。

優先順位としては、まず強いサービスを作ること。その強いサービスを、ちゃんとスマホでも使ってもらえるように仕上げていきます。

もう一回、オンリーワン・サービスにしようという話を社内ではよくしています。ヤフーはオンリーワン・サービスの集合体がいいよね、と。オンリーワンというのは、収益のことよりも、圧倒的にお客さんから使われているという意味です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。