既存の組織、サービスを「爆速」で変えていく--ヤフー社長兼CEO 宮坂 学

--井上前社長の体制が長かったこともあり、「ヤフー=井上」というイメージが根強くあります。この間、組織が硬直化したり、官僚化したり、ということはなかったですか。

若干、守りに入っていたところはあるかもしれません。外部の人に聞くと、ヤフーのスピードが遅くなったとか、戦闘的じゃなくなったとか、草食系の雰囲気になっていると。

確かに、昨日の仕事を今日はより上手にやるということは、すごくうまくなってきたと思います。このこと自体は大事なことですが、企業である以上、昨日の仕事を明日壊さないといけない部分も必ずある。バランス的には、壊す部分が若干弱くなっているようです。昨日とは違う明日を作るような仕事をやらないといけない。

──組織文化を変えることは非常に難しいことです。社員の受け止め方はいかがですか。

グループ全体で5000人以上いますから、一夜にして変わるということはありません。ただ、ヤフーのもともとのDNAがスピーディな組織文化だったので、それを思い出そうと言っています。これまでの成長の過程で、チェックリストがいっぱいできたり、承認印が増えていったりしました。仕事の精度を上げる方向には向かいましたが、スピーディではない。社内では「爆速」で行こうと表現しています。

ナンバー1以外のサービスは認めない

──全体の事業をどのように再構築していきますか。

優先順位としては、まず強いサービスを作ること。その強いサービスを、ちゃんとスマホでも使ってもらえるように仕上げていきます。

もう一回、オンリーワン・サービスにしようという話を社内ではよくしています。ヤフーはオンリーワン・サービスの集合体がいいよね、と。オンリーワンというのは、収益のことよりも、圧倒的にお客さんから使われているという意味です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。