既存の組織、サービスを「爆速」で変えていく--ヤフー社長兼CEO 宮坂 学

--井上前社長の体制が長かったこともあり、「ヤフー=井上」というイメージが根強くあります。この間、組織が硬直化したり、官僚化したり、ということはなかったですか。

若干、守りに入っていたところはあるかもしれません。外部の人に聞くと、ヤフーのスピードが遅くなったとか、戦闘的じゃなくなったとか、草食系の雰囲気になっていると。

確かに、昨日の仕事を今日はより上手にやるということは、すごくうまくなってきたと思います。このこと自体は大事なことですが、企業である以上、昨日の仕事を明日壊さないといけない部分も必ずある。バランス的には、壊す部分が若干弱くなっているようです。昨日とは違う明日を作るような仕事をやらないといけない。

──組織文化を変えることは非常に難しいことです。社員の受け止め方はいかがですか。

グループ全体で5000人以上いますから、一夜にして変わるということはありません。ただ、ヤフーのもともとのDNAがスピーディな組織文化だったので、それを思い出そうと言っています。これまでの成長の過程で、チェックリストがいっぱいできたり、承認印が増えていったりしました。仕事の精度を上げる方向には向かいましたが、スピーディではない。社内では「爆速」で行こうと表現しています。

ナンバー1以外のサービスは認めない

──全体の事業をどのように再構築していきますか。

優先順位としては、まず強いサービスを作ること。その強いサービスを、ちゃんとスマホでも使ってもらえるように仕上げていきます。

もう一回、オンリーワン・サービスにしようという話を社内ではよくしています。ヤフーはオンリーワン・サービスの集合体がいいよね、と。オンリーワンというのは、収益のことよりも、圧倒的にお客さんから使われているという意味です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング