既存の組織、サービスを「爆速」で変えていく--ヤフー社長兼CEO 宮坂 学

現在全部で150のサービスがありますが、本当にお客さんに支持されているものは20くらい。ここをピカピカにしようと注力しています。そこのサービスマネージャーは、社内から人を引き抜き放題、好きに取っていいようにしました。

それ以外のサービスはどうするか。すでに「Yahoo!レシピ」を年内にクローズし、クックパッドと業務提携すると発表しました。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とのポイント完全統合も進めます。要するに、今までヤフーはナンバー2、ナンバー3を認めていましたが、これからは認めない。ナンバー1でなければ、やめるか、ナンバー1と組むか。そういう厳しさを持って臨みます。

──では、スマホ独自のサービスというのもありえるのでしょうか。

基本的にパソコンの利用者は、スマホも使います。今後ますますその傾向は強まります。そのため、ヤフーを使ってもらえる併用ユーザーを増やすことが重要。お客さんが新しいデバイスを購入してもヤフーを使ってもらえる、取りこぼしをしないということがベースになります。

--ソーシャルメディアの対応はどうしますか。ヤフーは自社で展開するSNS「Yahoo!デイズ」を11年10月に閉鎖しました。SNSは苦手なイメージがあります。

新体制になって、ソーシャルメディアについては、大きな変更点を打ち出しました。それは、ソーシャルメディアは作りたいけれども、ソーシャルグラフ(=ユーザー同士のつながり、関係)は、自前ではなくてもいい、というものです。

今までは、フェイスブック(FB)と組むのか、組まないのか、という意思決定が見えていなかった。FBと組めば、月間5000万人のうちのユーザーが流出するのでは、という懸念がありましたが、そこは割り切りました。今は、各サービスにFBの「いいね!」ボタンやコメントボックスを組み込んでいます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。