スクエニは、タイトルのマルチ展開を進める

スクウェア・エニックス北米子会社トップに聞く

オンラインを含めタイトルのマルチ展開を進める--スクウェア・エニックス北米子会社トップに聞く

家庭用ゲームのソフトメーカー大手、スクウェア・エニックス・ホールディングスも、世界最大級のコンピュータゲーム見本市・E3(Electronic Entertainment Expo)の常連だ。北米子会社のプレジデント兼CEOを務めるマイク・フィッシャー氏に、今回の出展の特徴やタイトル戦略などについて聞いた。

--今2013年3月期は、ともに欧米で12年11月に発売する「ヒットマン アブソリューション」、13年初に発売する「トゥームレーダー」のデキが、2期連続増収増益達成のカギを握る。E3の出展ブースでも、この2タイトルを強調している。

どの子供が一番かわいいか、という難しい質問だ。前提として、E3に出展するタイトルは、われわれだけでなく他社もトップ級のタイトルをそろえている。A、B、Cとランク付けすれば、BとCランクのものは出展しない。近年の傾向として、タイトルごとの売り上げ格差が生じているからだ。

そういった意味で、パッケージで発売するゲームの目玉は、「ヒットマン アブソリューション」、「トゥームレーダー」、「スリーピングドッグス 香港秘密警察」だろう。「スリーピングドッグス 香港秘密警察」は、欧米で12年8月中、日本でも今秋の発売を予定している。

 


■マイク・フィッシャー氏

 

--今回はパッケージタイトルだけではなく、PCオンラインゲームのタイトルも初めてE3に出展した。

「クウォンタム コナンドラム 超次元量子学の問題とその解法」と、「Gameglobe」だ。06年11月に設立された北米子会社はこれまで販売会社としての位置づけだったが、オンラインゲームの開発も手掛けるようになった。「クウォンタム コナンドラム」はその処女作品に当たる。「Gameglobe(ゲームグローブ)」は、英国子会社で開発しており、自分のゲームを作れるという点で、革命的なタイトルと言える。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。