甲子園ジェット風船が割れやすくなったワケ

製造業者が変わったことが原因か

それではなぜシャープ産業は、タイガーゴムとの取引を切ったのか。タイガーゴムには取材を受けてもらえず、真相は不明だが、別のグッズ業界関係者によれば、「吹口部分のST基準が厳格になり、タイガーゴムは新基準に合わせて吹口の構造を変えたが、そのために生産効率が落ち、阪神球団が求める量を求める納期に納品できなくなった」からだという。このため、シャープ産業としてはタイガーゴムを切らざるをえなかったのではないか、というわけだ。

メーカーも球団も割れやすくなったとの認識なし

毎シーズン、甲子園では複数のメーカー製のジェット風船が販売されており、球場近隣のショップも含めると、球団非公認のジェット風船も複数種類売られている。

今シーズンはシャープ産業の「阪神タイガースラッキー風船」、ケーツーステーションの「80周年記念タイガース風船」、「タイガース風船」が球団の公認を受けたようだが、これらはいずれも中国製。シャープ産業にOEM供給したのはタイガーゴムではなくタイヘイ化成という会社だった。

このうち、「タイガース風船」以外の2製品は、8月28日に日本玩具協会から回収指示を受け、この日以降販売が中止されている。中国製に変えたから割れやすくなったという説は、パ・リーグ球団のファンも口にしているが、回収指示の理由は、この2製品がSTマーク付きで、なおかつ吹口部分の引っ張り強度がST基準を満たしていなかったためであり、割れやすさとは全く関係がない。

シャープ産業は8月28日以降ジェット風船の販売をやめてしまったが、ケーツーステーションは基準に満たないだけで安全性には問題がないとして、STマークが付かない「タイガース風船」で販売を続けている。

タイガーゴムは、今シーズンは球団の公認を受けていない「くるトラジェット」を販売しており、確かにパッケージにも風船本体にも、球団のマークやロゴはおろか、阪神の「は」の字もなし。風船本体は黄色い地に縞模様で、日本製であることを強調するコピーが台紙に刷り込まれている。

ケーツーステーションに問い合わせると、「昨年度から風船の製法上の変更は行っておらず、破裂頻度が上がったとは認識していない」という。ケーツーステーションは昨年以前も球団公認のジェット風船を製造しており、「風船本体の柔軟性は製造上重要なポイントであり従来から十分に配慮、注意している」という。

「80周年記念タイガース風船」の製造をケーツーステーションに委託した阪神球団も、風船の破裂率が上がったという認識はないようで、「風船が割れやすいと感じるというご意見は、貴重なご意見として承り、より一層の品質向上に努めたい」という。

それではジェット風船の本家本元であるシャープ産業はどういう認識なのか。ここが重要な点なのだが、こちらは残念ながら取材拒否。来シーズンに向けての対策について話を聞くことはできなかった。

割れるジェット風船に関するモヤモヤは、完全に氷解はしなかったが、来シーズンは、割れにくくなり大量の破裂音が響かないことを期待したいものだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT