北京モーターショーでも鼻息荒い独フォルクスワーゲン、中国で快走する理由

新工場には1.7億ユーロ(約180億円)を投資、15年に稼働し、年5万台の生産を予定する。VWは四川省の成都に完成車工場を持つが、今回は中国西端への進出。工場稼働には電気や道路などのインフラ整備も必要になる。「確かにインフラはないが、人がいる。中国西部で自動車が普及するのは時間の問題だ」(ウルリッヒ・ハッケンベルク取締役)。もちろん部品メーカーはどこも進出していない。しかし「VWが行けば、部品メーカーも動く」(VWに詳しい自動車ジャーナリスト)。

現在中国では沿岸部での需要が一巡し、自動車各社とも内陸部に重点が移っているが、その中でもVWの動きは突出している。販売車種は15年までに輸入車を含め76に拡大。販売店は将来、内陸部を含め3000店(11年1623店)に倍増させる方針だ。

VWの中国進出は1985年。中国での成功の秘訣を訪ねると、同社の幹部は誰でも「われわれには中国における25年以上の長い歴史がある」と答える。先駆者としての強烈な自負が、ウルムチ進出を決断させたといえるだろう。

(並木厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。