世界のサムスンでお家騒動が勃発

創始者の遺産をめぐり李会長が舌戦へ、韓国経済に悪影響?

「父は私を呼び出し、『今、肩書きはいくつあるか』と聞いてきた。私が正確にはわからないが15ぐらいはあるような気がすると答えると、『おまえは全部できるか?』と聞き返してきた。父の表情は明るくなかった。その前から父から何かを感じていたため、『全部はできない』と言うと、『それならできることだけやれ』と言い、それ以上何も言わなかった」

孟煕氏はこの会話が「後継者としての立場から身を引けという最後通告だった」と振り返っている。

76年に李秉喆氏が胃がんと診断され、その手術前に家族を呼び寄せて「今後、サムスンは健煕が継ぐことにした」と告げられ、孟煕氏は後継者としての道を完全に絶たれる。

「そのころには、すでに父との関係には相当距離があったが、それでも私は、いつかは私にサムスンの大権を与えてくれるだろうと信じていた」。孟煕氏は、完全に後継者としての道を絶たれただけでなく、遺産分配でも徹底して排除されたという。

このときのしこりが、現在の訴訟へとつながったのか。とはいえ、兄弟間の舌戦には、「サムスンには、最大の支援者であり最大の顧客である国民を尊重する態度が見られない」(朝鮮日報)と指摘するほど、見苦しいものに映っているようだ。サムスンという企業の問題ではなく李一家の問題とはいえ、「双方のやり取りを見ていると、韓国の企業と企業家がどう思うか、心配になってくる」(同)。

2010年の売上高は260兆ウォン(約18兆円)、国内総生産(GDP)の22%を占め、株式の時価総額は韓国市場全体の25%、輸出の24%を占める巨大企業だけに、家族間の争いが韓国経済に悪影響を与えないか。海外から見ていても心配になってくる。

(撮影:鈴木紳平 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT