国家公務員の採用抑制に賛成ですか?--東洋経済1000人意識調査

国家公務員の採用抑制に賛成ですか?--東洋経済1000人意識調査

政府は2013年度の国家公務員の新規採用者数の上限を、09年度比で6割削減する方向で調整している。既存公務員には手を付けず、若者にシワ寄せが行くことへの批判の声もあったが、アンケートでは政府案への賛成が多数を占めた。

 

 

政府は、2013年度の国家公務員の新規採用者数の上限を、09年度採用と比較して4割削減する方針を決めました。政府案に賛成ですか、反対ですか?

 


(編集部 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年4月14日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。