【グローバル人事の「目」】駐在員早期育成の最前線《2》--たった2日で経営感覚をつかむ裏ワザ

 

実際の会社同様にビジョンや経営戦略を定め、経営資源の配分を行い、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー、KPI(経営のカギとなる指標)を作り、資金が足りなければ銀行から借り入れる。当然資金がショートすれば会社は倒産、実際の資金調達のように銀行が納得いく事業計画・資金繰り計画を作らないと借り入れはでき出来ない、といった経営の疑似体験をさせる。

このプロセスを経験することで、(1)自分の専門領域とバリューチェーンとの関連がわかり、(2)現場の声を生かしながら、全社的判断をする力が鍛えられる。また、(3)経営・戦略論を実際の経営の中で活用する勘所もつかめる。

◆経営シミュレーション研修の選択基準

経営シミュレーション研修を企画する際のポイントは「シナリオが最初から決まっていない」「複数名の経営チームで判断する」「マーケットの変化が乱数ではなく経営チームの意思決定で変化する」「損益計算書・貸借対照表・キャッシュフローを参加者の手で作成する」「2日程度でじっくり学べる」をすべて満たすものを選べば間違いない。

海外赴任を前提とするのであれば、国内で開発された経営研修プログラムよりも、グローバルで広く流通しているプログラムを活用するべきだ。

松本利明(まつもと・としあき)
人事ジャーナリスト、コンサルタント、HRストラテジー代表、MSC(マネジメントサービスセンター)エクゼクティブアドバイザー、プライスウォーターハウスクーパース、マーサー・ジャパン、アクセンチュアのプリンシパルを経て現職。外資系・日系の大手から中堅企業までの組織・人材マネジメント改革に従事。クライアント数は18年間の累計で300社を超える。著書に 『M&Aを成功させる組織・人事マネジメント』(日本経済新聞社)。寄稿、講演多数。

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT