住友金属は洪水で操業停止したタイ鋼材加工拠点がプレスラインに続き、切断ラインも稼働へ

住友金属は洪水で操業停止したタイ鋼材加工拠点がプレスラインに続き、切断ラインも稼働へ

国内高炉3位、住友金属のタイにおける鋼材加工拠点は、3月23日に復旧を発表したプレスラインに続き、今週、切断ラインも操業を再開した。

昨年10月以来操業を停止していたプレス、切断(スリット)両ラインを再稼働させたのは、住友金属が52%出資するタイスミロックス社。住友商事が8.8%、台湾の鉄鋼大手CSCグループも15%出資する電磁鋼板加工販売会社だ。アユタヤ県のロジャナ工業団地にあり、洪水による浸水で昨年10月中は敷地への立ち入りも難しかった。水位が下がった後の同11月19日に被害状況を確認、設備の入れ替えなどを進めてきた。

タイ洪水では顧客の日系電機メーカーも大きな被害を受けたが、順次立ち直りつつある。3月下旬からはスミロックス社の5台あるプレス設備も順次再稼働させており、今週、新たにスリットラインの切断設備2基のうち1基を再稼働させた。スリットラインは、電磁鋼板コイルなどを縦方向に切断する設備。顧客のニーズにあった形状に加工する設備で、コイルセンター(鋼材加工拠点)としての機能が整った格好だ。

(写真は昨年11月19日、洪水後に工場に入ったときの状況。その後も操業停止が続いた)

(山内 哲夫 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT