ヤマトはガンダムを超える?

劇場とDVDを同時展開

 

実は、『ヤマト2199』の制作にはバンダイビジュアルが名を連ねる。同社はガンダムシリーズの『機動戦士ガンダムUC』で劇場公開、ソフト販売、配信を同時展開し、成功を収めた実績がある。

「劇場公開とソフト販売を同時にやりたいとずっと考えていた」と言うのは、ガンダムシリーズを制作するアニメ会社・サンライズの宮河恭夫専務。お台場のガンダム立像の仕掛け人としても知られる宮河氏は「映画は見終わった後がいちばん印象に残る。いい作品なら、ぜひソフトを買って手元に残しておきたいと思うはず」。前例のない宮河氏の提案に誰もが反対した。が、フタを開けてみれば、ソフトは1本当たり20万本、プラモデルやキャラクターグッズも売れる大成功となった。

この方程式が当てはまる存在としてヤマトに白羽の矢が立った。「認知度の低い作品で同時展開は難しいが、ヤマトの認知度ならイケる」(バンダイビジュアルの藤澤宣彦氏)。

 

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。