ヤマトはガンダムを超える?

劇場とDVDを同時展開

 

テレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の放映開始は1974年。まだ“アニメ”という呼称は一般的でなく、“テレビマンガ”と呼ばれていた時代に、リアルなSF設定や深いドラマ性などで、ヤマトはそれまでの子ども向け番組とは一線を画する前衛的な作品に仕上がった。だが、同時間帯に人気絶頂の「アルプスの少女ハイジ」が放映されていたため低視聴率に苦しみ、26話で打ち切られた。

それでも、西崎義展プロデューサー(故人)の下に才能を持った多数のスタッフが結集し完成させた作品はファンの注目を集め、77年にテレビシリーズを再編集した劇場映画が大ヒット。ヤマトは何度もテレビや映画で続編が作られ、出版、音楽、映像、プラモデル、ゲームなど多方面にビジネス展開された。日本のアニメブームはヤマトから始まったといっても過言ではない。

しかし、シリーズ化してビジネスを発展させることはできず、83年の『完結編』以降、長らく新作は作られなかった。一方、ヤマトが開いたアニメビジネスで大成功したのが「機動戦士ガンダム」だ。版権元であるバンダイナムコホールディングスだけで、現在でも年間約400億円を稼ぐ。末端の市場規模では1000億円を超えるといわれる。

ヤマトが不幸だったのは西崎氏が代表を務めていた制作会社が97年に破産したこと。そこへ99年以降、「宇宙戦艦ヤマト」の著作者をめぐって西崎氏と「宇宙戦艦ヤマト」の制作に参加していた漫画家、松本零士氏との間で争われた裁判が追い打ちをかけた。最終的に「宇宙戦艦ヤマト」は西崎氏が著作者であり、同氏が著作者人格権を有するということで決着した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。