中国軍幹部、「南シナ海での衝突避けたい」

制服組トップが平和解決を目指すと言明

 10月17日、中国軍制服組トップである范長龍・中央軍事委員会副主席は、人工島の造成で領有権をめぐり近隣諸国との緊張が高まる南シナ海でむやみに武力に訴えることはない、と述べた。北京で撮影(2015年 ロイター/Jason Lee)

[北京 17日 ロイター] - 中国軍制服組トップである范長龍・中央軍事委員会副主席は17日、人工島の造成で領有権をめぐり近隣諸国との緊張が高まる南シナ海でむやみに武力に訴えることはない、と述べた。

同副主席は東南アジアの防衛相が出席した安全保障フォーラムで「われわれはたとえ領有権の問題でも、むやみに武力に訴えることはない。これまでも想定外の衝突を回避するため全力を尽くしてきた」と演説。「われわれは関係国との平和的な話し合いによる争いの解決を続けていく」と述べた。

一方で、中国が南シナ海の岩礁を埋め立てて造成した人工島は「自由な航行に影響しない」との立場を繰り返した。また、同国は南沙(英語名スプラトリー)諸島の岩礁への灯台設置を最近完了し、各国向けに航路案内のサービスを開始したと明らかにした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT