マクドナルドが「大胆値上げ」で目指すもの

ビッグマックは370円に統一

もうひとつの目玉は、低価格メニューの投入だ。「エッグチーズバーガー」などの3商品を終日200円で販売。ポテトやドリンクを含むセット価格を500円に設定し、値頃感をアピールする。

200円という価格設定について、サラ・カサノバ社長は、「満足感があり、リーズナブルなバーガーはないのか」という客の声に応え、既存の最も安い100円のハンバーガーと、最も高い400円のクォーター・パウンダーの中間に設定したと説明した。

昼の割引廃止でトータルでは値上げ

ただし、マクドナルドは大胆な”値上げ”にも着手する。低価格商品の導入に伴い、2014年10月から始めた平日昼限定の割引メニューは廃止するとしている。

カサノバ社長は「100円マック以来の大きな変化だ」と自信を示す 

これまで「ビッグマック」セットは、平日の昼間は550円で買うことができた。26日に新たな価格制度が導入された後は、670円を払う必要がある。

もともと休日や平日夜間は、630〜670円という価格帯だったとはいえ、お昼時の値頃感は薄れてしまう。

さらに価格を統一したことで、全国の商品ベースでは70%が据え置きとなるものの、25%の商品が値上がりする。「ビッグマック」では約280店舗で40円の値上げとなっている。一連の施策をトータルで考えると、実質的な値上げといえる。

マクドナルドの試算によれば、今回の施策で売上高への影響は0.9%のプラスを見込んでいるという。15日に都内で会見したサラ・カサノバ社長は「(200円メニューは)マクドナルドだけが提供できる革命。お手頃さの新時代を切り開くもの」と自信を示す。

ただ、既存店売上高は客数が29カ月連続減少と、厳しい状況が続いている。手頃な新メニューを導入する一方で、大胆な実質値上げに踏み切るマクドナルド。両面戦略は吉と出るか。

                        (撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。