ソフトバンクが米ベンチャー企業に出資

サイバー攻撃に対応

 10月14日、ソフトバンクはサイバー攻撃に対応するため、米ベンチャー企業に出資したと発表した。都内で8月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 14日 ロイター] - ソフトバンクは14日、サイバー攻撃対策の米ベンチャー企業サイバーリーズン(マサチューセッツ州)に対し、既存株主と合わせ総額5900万ドル(約70億8000万円)出資したと発表した。

関係者によると、ソフトバンクの出資額は5000万ドル程度とみられる。9月に出資を完了した。

サイバーリーズンはサイバー攻撃対策プラットフォームを提供。人工知能(AI)を利用してサイバー攻撃を探知し、被害を未然に防ぐ。日本市場での共同展開も視野に入れており、2016年前半の商用サービス開始を目指す。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。