ソフトバンクが米ベンチャー企業に出資

サイバー攻撃に対応

 10月14日、ソフトバンクはサイバー攻撃に対応するため、米ベンチャー企業に出資したと発表した。都内で8月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 14日 ロイター] - ソフトバンクは14日、サイバー攻撃対策の米ベンチャー企業サイバーリーズン(マサチューセッツ州)に対し、既存株主と合わせ総額5900万ドル(約70億8000万円)出資したと発表した。

関係者によると、ソフトバンクの出資額は5000万ドル程度とみられる。9月に出資を完了した。

サイバーリーズンはサイバー攻撃対策プラットフォームを提供。人工知能(AI)を利用してサイバー攻撃を探知し、被害を未然に防ぐ。日本市場での共同展開も視野に入れており、2016年前半の商用サービス開始を目指す。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。