ソフトバンクが米ベンチャー企業に出資

サイバー攻撃に対応

 10月14日、ソフトバンクはサイバー攻撃に対応するため、米ベンチャー企業に出資したと発表した。都内で8月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 14日 ロイター] - ソフトバンクは14日、サイバー攻撃対策の米ベンチャー企業サイバーリーズン(マサチューセッツ州)に対し、既存株主と合わせ総額5900万ドル(約70億8000万円)出資したと発表した。

関係者によると、ソフトバンクの出資額は5000万ドル程度とみられる。9月に出資を完了した。

サイバーリーズンはサイバー攻撃対策プラットフォームを提供。人工知能(AI)を利用してサイバー攻撃を探知し、被害を未然に防ぐ。日本市場での共同展開も視野に入れており、2016年前半の商用サービス開始を目指す。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT