“暴れ馬”パルコの行方、J.フロントがグループ化

“暴れ馬”パルコの行方、J.フロントがグループ化

「じゃじゃ馬」を手なずけられるか。大丸や松坂屋を運営するJ.フロント リテイリングが、ファッションビル大手パルコを持ち分法適用会社化する。パルコの筆頭株主である森トラストから33%強の株式すべてを3月下旬に譲り受ける予定だ。

J.フロントの奥田務会長兼CEOは「新百貨店モデル」を標榜。「ユニクロ」「ポケモンセンター」など外部テナントを積極招致するなど、従来の百貨店を超えた総合流通業への転換を進めてきた。

J.フロントにとってパルコは垂涎の的だった。渋谷や池袋など、駅近くの好立地に19店舗を展開。若者向けの店舗運営に独自のノウハウを持ち、毎期90億円前後の営業利益を安定的に稼いでいる。昨年ごろから、「J.フロントがパルコに強い関心を示していた」(業界関係者)という。

関西と名古屋を地盤とし、40代以上に強いJ.フロントにとって、パルコは地域的にも、客層的にも補完関係にある。業界内では、「5年後にリニューアル予定の銀座松坂屋を、パルコに変えるのではないか」とささやかれる。

パルコに嫌われたイオン

とはいえ、パルコという会社を御するのは容易ではない。ちょうど1年前、パルコに接近した会社があった。流通大手のイオンだ。同社は昨年2月までに外資系ファンドなどからパルコ株12%強を取得。森トラストと連携し、経営権を掌握しようと動いた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。