精密すぎる「北斗星プラモ」に込められた思い

部品点数はなんと1200点!

これまで「鉄道モノ」のイメージがあまりないアオシマの製品、1万4800円という価格。どの程度売れるかは、ふたを開けてみるまではわからない。当初は、「半年から1年かけてじっくり売っていこう」と考えていたという「1/45 トレインミュージアムOJ No.1 DD51北斗星」だったが、結果的には発売直後から予想を遥かに上回る大ヒット商品となった。「営業で予想した数字の3倍でした。なかなかない数字ですね」と木内さん。なんと出荷日に在庫がほぼなくなり、店頭に並ぶ頃にはすべての在庫がなくなったという。

画像を拡大
偶然にも、北斗星ラストランの日に発売日が重なった

ちなみに、発売日は「営業的にはお盆前を狙っていた」という。お盆前に買ってもらって、お盆休みの期間に作ってもらうという需要が期待できるからだ。だが、堀田さんらが最後まで完成度に妥協せず、調整を重ねた結果、発売日は8月22日にずれこんだ。

偶然にも北斗星のラストランの日だった。「運命の引き合わせかもしれないですね」と堀田さん。こだわりの模型づくりが引き寄せた奇遇だったのだ。

あまりの精密ぶりは実物の整備工場からも「整備士の教育に役に立つ」とのお墨付きをもらったほどだ。走行するモデルが主体の鉄道模型界、また車や飛行機などのモデルが多数派を占めるプラモデルの世界に新風を吹き込んだシリーズを生んだのは「鉄道」と「メカ」への深い愛情だった。

(撮影 : 梅谷秀司)

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT