アンテナが「ハフポ」との契約を止めた理由

メディアを「質」で選別する時代が始まった

10月1日以降、約250のメディアと約50のコンテンツパートナーから最新記事を受け付ける体制に変わった

スマホアプリを中心とした女性向けファッション・グルメ情報に強いキュレーションマガジン「Antenna(アンテナ)」を運営するグライダーアソシエイツ(本社・東京都港区)は10月1日、アプリの全面リニューアルを実施。併せて、劇薬ともいえるような方針転換を行った。

ユーザーの嗜好に合わせてページのカスタマイズを可能にするなどアプリそのものの機能強化が、ユーザーインターフェース(UI)上では最大の変化だ。欲しい情報に関するキーワード、ジャンルなどを登録しておくと、その記事が配信されるたびにマイリストに蓄えられる。また位置情報を活用することで、地域情報をスムーズに獲得できる機能も加わった。

ハフィントンポスト、TABI LABOなどとの契約を解除

しかし、価値ある情報にたどり着くためには、そもそもプールされている記事に価値がなければ意味がない。そこで、同社が実施したのが「ユーザーが欲しい情報を提供しているメディア」の絞り込みだ。リニューアルに合わせて提携メディア数(音楽会社などのコンテンツパートナーを除く)を約400から約250に削減。具体的には「ハフィントンポスト」「TABI LABO」などの最新記事は、アンテナに表示されなくなった。

アンテナに表示されなくなったのは、「本質的に自分たちで(取り上げる記事の対象を直接)取材していないメディア」(グライダーアソシエイツの杉本哲哉社長)が配信している記事。他サイトで流行っている記事の主要部分をコピーすることで記事を量産したり、元記事にある広告への誘導を主目的として記事を配信したりしているようなメディアだ。

これはウェブメディア界の転換点といえるかもしれない。この2~3年で台頭してきたスマートニュース(SmartNews)、グノシー(Gunosy)など多くのキュレーションメディアは、さまざまなウェブメディアと提携し、記事を受け入れてきた。その間、明らかに"質よりも量"を競う時代が続いていたと言わざるを得ない。今回のアンテナの決断は、明確にその流れを切り替えたといえるからだ。

8月にはヤフーが記事と偽って広告を配信しているメディアとの契約を解除したことで話題になったが、今回のアンテナの決断は、それよりもさらに踏み込んだものといえる。

次ページ何を基準に絞り込んだのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。