7日で70億人にメッセージを届けられるか

「持続可能な開発目標」を共有する取り組み

現地で撮影した写真を中心に掲載している(「持続可能な開発のための世界目標」から、ゲッティ・イメージズ)

世界に住む70億人といわれる人々に、重要なメッセージを一斉に伝えたいとき、そして、実際に行動を起こしてもらうにはどうするか。

映画『フォーウェディング』や『ラブ・アクチュアリー』などラブコメ物の映画の脚本・監督で知られ、チャリティー団体「チルドレン・イン・ニード」の創立者でもあるリチャード・カーティスが、このために立ち上げたのが「プロジェクト・エブリワン(みんなのプロジェクト)」だ。

9月25~27日、ニューヨークの国連本部で開催される「国連持続可能な開発サミット」で193の加盟国の首脳が出席し、今後15年で達成するべき持続可能な開発目標17項目をグローバル・ゴールズとして採択するが、この目標を世界中の人に徹底周知させるのが「みんなのプロジェクト」の目的。プロジェクトの設立パートナーのひとつとなったのが米ゲッティ・イメージズ。同社のクリエイティブ部門の責任者ポール・フォスター氏に、プロジェクトについて、そしてビジュアルのトレンドについて、ロンドンオフィスで聞いた。

なお「グローバル・ゴールズ」のウェブサイト内の特設コーナーにゲッティ・イメージズが選んだ画像が掲載されている。

あらゆる手段でメッセージを拡げる

――「みんなのプロジェクト」とは?

9月26日から10月2日の7日間に、世界中の人に国連の開発目標の認知と取り組みを促す運動だ。

今月末に採択予定の持続可能な開発目標は17あり、貧困や飢餓に終止符を打つ、健康的な生活を確保し、福祉を推進する、ジェンダーの平等を達成する、気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取るなど(「ファクトシート」)。広くは3つにまとまると思う。ひとつは貧困と飢餓、2つ目は生活の質を上げること、それに気候温暖化への対応だ。

私たちは、この17項目について、9月26日から10月2日の7日間で地球上の70億人に周知させることを目標としている。

次ページビジュアルの選定基準は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT