石油化学大再編を阻む壁、エチレン余剰に苦悶


 日本の石化は、天然ガスからは生成できないプロピレンとブタジエンも同時に抽出している。「今の日本の石化は、プロピレンやブタジエン系の化成品で利益を稼いでいるため、エチレン系で採算が悪くても全体の生産を落とせない」(旭化成ケミカルズの坂本社長)というのだ。

特にブタジエンは、現状ではナフサを分解する以外に製造方法がない。別の生成技術を三菱化学、旭化成、三井化学の3社がそれぞれに開発中だが、量産体制が整うのは早くて14年といわれる。それまで日本でエチレン生産の大胆な再編に踏み込むのは、難しいのかもしれない。

「今年、エチレン各社はダウンサイジングなどの能力削減に向けた動きを本格化するのではないか」(丸善石油化学の藤井社長)。大半が単独で生き残りを目指す我慢勝負に突入する。化成品の競争力次第で、各コンビナートの優勝劣敗が鮮明化するだろう。

(武政秀明 =週刊東洋経済2012年1月28日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。