2012年CES、日米欧企業から、中国・韓国などアジア企業へ主役が移る


 CES会場で多くの人を集めていたのはサムスンやLGなど韓国勢のブースだ。かつてソニーの“物まね”といわれていたサムスンだが、2006年にはCESで“ボルドーワイン”をイメージしたハイエンド液晶テレビを出展し、薄型テレビで有力ブランドになった。今年、サムスンは55型という超大型の有機EL(OLED)テレビを出展、最先端の技術による鮮明な画像で注目を集めていた。LGは冷蔵庫や洗濯機をスマートフォンから動かせる製品を出展していた。
 
 韓国勢もさることながら、見逃せないのは中国勢の勢い。従来、多くの中国企業は北のラスベガス・ヒルトン側の小さなブースで展示していた。それらのブースも社名が赤、黄、黒色などで表示されていた。だが、今年は中国企業のブースが南側の大きなブースに移り、デザインも洗練された企業が多かった。「世界市場で大きく成長するにつれ、中国企業はマーケテイングがうまくなってきたようだ」とは、メンローパークのベンチャー・キャピタリスト。
 
 一方、地元の北米企業は、コスト削減に厳しく、費用のかかるCESのフロアのブースの設置から、ラスベガスの有名ホテルに会場を借り、ジャーナリストや顧客を招くなどの多様な対応をしていた。テキサスのコンピュータ会社に部品を納める某企業は、CESに全米から顧客が集まるため、ラスベガスのホテルを借り、ワインや食事で招待客をもてなしていた。グーグルは招待客だけを招き入れるブースを南のホールに設置。表立って参加していないアップルでさえ、覆面で数百人の社員をCESに送り込んでいた。

筆者は参加しなかったものの、中国のレノボは、ベネチアンなどラスベガスのホテルで多くのイベントを開催、自社製品の販促に努めていた。レノボはパソコンだけでなく、インテルのチップを使ったスマートフォンを、今年上半期に中国で発売してから、米国市場に売り出す。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。