警察が「暴力団対策法」の第5次改正で急ぐ“暴力団壊滅”

「既存の暴対法で抑止できないわけではないが、市民への危害もあり、より効果的に規制したい」と、警察庁の刑事局組織犯罪対策部の幹部は意義を強調する。

抜本的とされる第5次改正案のポイントは5つ。(1)「危険指定暴力団」や「特定抗争指定暴力団」の指定、(2)不当要求に対する規制の強化、(3)事務所の使用差し止め請求制度の導入、(4)直罰規定の導入、(5)罰則の強化である。

中でも、既存の指定暴力団の中から、特に危険な暴力行為をした暴力団を「危険指定暴力団」に、対立抗争状態にある指定暴力団を「特定抗争指定暴力団」に、再度指定。あらためてその危険性をあぶり出す構えだ。

罰則も、従来の「1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金またはその併科」から、「3年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金またはその併科」に引き上げる。

暴排条例、暴対法改正と、着々と歩を進める警察当局。“新たな捜査手段”の導入も含め、二の矢、三の矢も、今後考えているようだ。『週刊東洋経済』1月28日号(1月23日発売)「暴力団対策と企業」特集では、暴力団壊滅に向けた、警察の真の狙いや背景について、さらに詳細に解説する。

(撮影:今井 康一 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT