欧米が対イラン制裁、くすぶる原油高騰懸念

中東の緊張感が高まっている。核開発を進めるイランに対し、米国は昨年末に追加制裁法案を成立させた(猶予期間は最大6カ月)。

追加制裁の中身は、イラン中央銀行と取引がある外国金融機関を、米国の金融システムから排除するというもの。米国での業務に支障が出るため、日本のメガバンクなどは同中央銀との取引を停止せざるをえない。その結果、イランとの間で資金決済手段が絶たれ、同国から原油の輸入ができなくなる。

イランは原油輸出が実質的に唯一の外貨獲得手段。今回の金融規制によって、その輸出量を細らせ、経済的打撃を与えるのが米国の狙いだ。EUも対イラン強硬派の英、仏などが先頭に立ち、イランからの輸入禁止へ動いている。

日本にとってイランは、サウジ、アラブ首長国連邦(UAE)、カタールに次ぐ原油調達先で、全輸入量の1割を依存。石油元売り各社は代替調達先の確保に動き、最大手のJX日鉱日石エネルギーは「サウジとの間で話を始めている」(木村康社長)。幸い、サウジを筆頭とするOPEC加盟国全体では、イランの輸出量を上回る追加供給余力があり、「時間さえあれば、代替調達自体は何とかなる」(大手元売り)という。

最悪のシナリオとは?

むしろ、石油業界が最も恐れているのは、追い込まれたイランが報復に出た時の影響だ。欧米による制裁への報復措置として、イランはホルムズ海峡の武力封鎖をちらつかせ、昨年末から、同海峡周辺で軍事演習を開始した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT