共和党指名争いはロムニー氏有利だが、民主党オバマ大統領にも追い風【米大統領選・専門家の見方】


本選挙に向けて注目される「ブルーカラー白人層」の行方

ロムニー候補の伸び悩みの背景として、ブルーカラー(低学歴・低所得)白人層への浸透不足が指摘されている。実際にアイオワ党員集会でも、ロムニー候補への支持は高所得層に偏っている。近年の米国では、保守的な価値観を拠りどころに、ブルーカラー白人層が民主党支持から共和党支持に移行。こうした変化にロムニー候補は調和していない模様。

対照的にサントラム候補は、製造業の復興を訴えるなど、ブルーカラー白人層を意識した戦いぶり。

一方の民主党のオバマ大統領も、2008年の予備選挙以来、ブルーカラー白人層への浸透不足が指摘されている。これから本選挙に向けて、ブルーカラー白人層の獲得を意識した通商・産業政策、所得再配分政策などが焦点となりそうだ。

(中村 稔 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT