共和党指名争いはロムニー氏有利だが、民主党オバマ大統領にも追い風【米大統領選・専門家の見方】


共和党予備選挙の行方自体は、ロムニー候補に有利な状況が継続しよう
 
 極端な無政府主義と孤立主義的な外交政策を訴えるポール下院議員は、支持の広がりに限界がある。「反ロムニー」の主軸として急伸するサントラム候補も、長期の予備選挙を戦い抜く資金力・組織力では大きく立ち遅れている。
 
 加えて、サントラム候補は泡沫候補の時期が長かった関係で、その実績などが精査されるのはこれから。同氏の主張には、一定の政府の役割を認める「思いやりのある保守主義」的な側面があり、ティー・パーティ的な支持層の受け皿になり得るかには疑問もある。

むしろロムニー候補にとっては、より強力な対抗馬であったはずのギングリッチ元下院議長、ペリー・テキサス州知事の両候補がほぼ脱落したことが好材料。こうした構図は、1996年の共和党予備選挙に類似している。
 
 当時の予備選挙では、超保守派のブキャナン候補がニュー・ハンプシャー州で番狂わせの勝利を演じたが、本命だったドール候補はブキャナン候補には予備選を戦い抜く力がないとみて、当初からその勢いを無視。むしろ、潜在的な対抗馬であったアレクサンダー候補に攻撃を集中、ブキャナン候補に敗れた同候補が失速したことで、候補者指名の獲得を確実にした。

注目すべきは、ロムニー候補の課題が改めて鮮明になった点だ

圧倒的な知名度にもかかわらず、ロムニー候補の得票率は前回08年の党員集会とほぼ変わらず。かねて指摘される「支持率30%の壁」は超えられず、「7割強の共和党支持者に支持されない」状況が継続している。党員集会参加者への調査でも、保守派・ティー・パーティ支持者のロムニー候補支持は低調。保守層への浸透不足は明らかだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT