世界選手権400mリレー、ジャマイカが優勝

ウサイン・ボルトが3冠を達成

 8月29日、陸上の世界選手権、男子400メートルリレー決勝でウサイン・ボルト(右)を擁するジャマイカが37秒36で優勝(2015年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[北京 29日 ロイター] - 陸上の世界選手権は29日、男子400メートルリレー決勝を行い、ウサイン・ボルトを擁するジャマイカが37秒36で優勝した。

ボルトが主要大会で100メートル、200メートル、400メートルリレーの短距離3冠を達成したのは2008年の北京五輪を含めて5回目。世界選手権では11回目のタイトル獲得を果たした。

今季、けがに悩まされ続けたボルトは報道陣に対し、「私はもう終わった選手だと誰もが言っていたが、彼らが間違っていたことを証明した。私はチャンピオンだ」と述べた。

100メートルと200メートルでボルトに次ぐ2位に終わったジャスティン・ガトリン擁する米国は最後のバトンの受け渡しでミスがあり、失格に。この結果、中国が2位、カナダが3位となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。