世界選手権400mリレー、ジャマイカが優勝

ウサイン・ボルトが3冠を達成

 8月29日、陸上の世界選手権、男子400メートルリレー決勝でウサイン・ボルト(右)を擁するジャマイカが37秒36で優勝(2015年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[北京 29日 ロイター] - 陸上の世界選手権は29日、男子400メートルリレー決勝を行い、ウサイン・ボルトを擁するジャマイカが37秒36で優勝した。

ボルトが主要大会で100メートル、200メートル、400メートルリレーの短距離3冠を達成したのは2008年の北京五輪を含めて5回目。世界選手権では11回目のタイトル獲得を果たした。

今季、けがに悩まされ続けたボルトは報道陣に対し、「私はもう終わった選手だと誰もが言っていたが、彼らが間違っていたことを証明した。私はチャンピオンだ」と述べた。

100メートルと200メートルでボルトに次ぐ2位に終わったジャスティン・ガトリン擁する米国は最後のバトンの受け渡しでミスがあり、失格に。この結果、中国が2位、カナダが3位となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。