部長はトップと現場をつなぐ変革キーパーソン--『経営チーム革命』を書いた長野恭彦氏(スコラ・コンサルトプロセス・デザイナー)に聞く

部長はトップと現場をつなぐ変革キーパーソン--『経営チーム革命』を書いた長野恭彦氏(スコラ・コンサルトプロセス・デザイナー)に聞く

「今や効率第一ではない。新しい顧客価値の創造こそ生死を分ける」──。長期停滞する日本経済の中で企業が勝ち残っていくには、経営トップと連携する部長層にこそ「新機能」が求められるという。

──要は、部長ですか。

部長は現場から見るといちばん近い偉い存在、経営層も役員となるともう遠い。しかし、意外に事業でのイノベーションの担い手としては評価されない。ポテンシャルはあるのに生かされていない。トップと現場をつなぐ事業変革のキーパーソンのはずが、とかくその面で関心を持たれない。実は「普段からの変革」には欠かせない。

この認識を強めた理由は原体験にある。たとえば、いすゞ自動車とけっこう仕事をしてきた。同社が大企業病と自らを診断し、それを打破するため、新しい試みをしようとしていた頃のことだ。自動車会社は機能別組織、たとえば設計でも車体、エンジン、電子電装などとパーツ別に分かれている。連携しないと、新車開発や品質向上はうまく運ばない。その連携で活躍したのが部長クラスだった。自らイノベーションを行うというよりも、部長同士が連携して若手のアイデアを実行に結び付ける。それもチームでくみ上げて。

──チーム?

逆説的になるが、部長は日々の調整、管理業務、あるいは役員指示事項の消化に追われ、各人が豊富に持つ社歴や実務経験を事業イノベーションの場で発揮しにくい。その経験値をチームに統合することで力が倍加する。いろいろなイノベーションに向けた知恵を出し合い、経営組織の中でそれを最大化するのにチームで臨むのが最適なのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。