部長はトップと現場をつなぐ変革キーパーソン--『経営チーム革命』を書いた長野恭彦氏(スコラ・コンサルトプロセス・デザイナー)に聞く

部長はトップと現場をつなぐ変革キーパーソン--『経営チーム革命』を書いた長野恭彦氏(スコラ・コンサルトプロセス・デザイナー)に聞く

「今や効率第一ではない。新しい顧客価値の創造こそ生死を分ける」──。長期停滞する日本経済の中で企業が勝ち残っていくには、経営トップと連携する部長層にこそ「新機能」が求められるという。

──要は、部長ですか。

部長は現場から見るといちばん近い偉い存在、経営層も役員となるともう遠い。しかし、意外に事業でのイノベーションの担い手としては評価されない。ポテンシャルはあるのに生かされていない。トップと現場をつなぐ事業変革のキーパーソンのはずが、とかくその面で関心を持たれない。実は「普段からの変革」には欠かせない。

この認識を強めた理由は原体験にある。たとえば、いすゞ自動車とけっこう仕事をしてきた。同社が大企業病と自らを診断し、それを打破するため、新しい試みをしようとしていた頃のことだ。自動車会社は機能別組織、たとえば設計でも車体、エンジン、電子電装などとパーツ別に分かれている。連携しないと、新車開発や品質向上はうまく運ばない。その連携で活躍したのが部長クラスだった。自らイノベーションを行うというよりも、部長同士が連携して若手のアイデアを実行に結び付ける。それもチームでくみ上げて。

──チーム?

逆説的になるが、部長は日々の調整、管理業務、あるいは役員指示事項の消化に追われ、各人が豊富に持つ社歴や実務経験を事業イノベーションの場で発揮しにくい。その経験値をチームに統合することで力が倍加する。いろいろなイノベーションに向けた知恵を出し合い、経営組織の中でそれを最大化するのにチームで臨むのが最適なのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT