型破りHISの胸算用

長崎と上海を結ぶ格安クルーズをスタート

 

長崎は距離的に中国に近いとはいえ、オーシャンローズ号の乗船時間は約22時間にもなる。が、その間飛行機のようにシートベルトを締めて座席に座っているのではなく、船内を自由に動けるのがクルーズ船のよさ。長時間の乗船を逆手に取って船内でさまざまな娯楽を楽しんでもらおうというのが澤田会長の発想だ。改装後のオーシャンローズ号には、ステージを持つ最新鋭の劇場型シアターなどが設置されるほか、「将来は船上カジノも造られるのではないか」とのうわさもある。

こうした仕掛けに対しては長崎県の期待も大きい。「明治時代や戦前には、長崎-上海航路が多くの人を運び、長崎が全国のゲートウェーになっていた。もう一度、その地位に就きたい」(坂越健一・文化観光物産局局長)。

既存の日中間航路は、料金が高いうえ、乗船時間も40時間前後かかる。「LESは5~10年後には非常に大きなインパクトになる」(澤田会長)。業界風雲児の新たな取り組みに注目が集まる。

(週刊東洋経済2011年11月19日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大空室時代が来る!<br>不動産投資サバイバル

ブーム一服の不動産投資。空室率悪化、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」破綻など危うい気配も。多額のローンを抱えるサラリーマン投資家はどうなる?最新空室率マップも掲載。