全米プロ"涙の覇者"を支えた壮絶な「母の愛」

自宅を二重抵当に入れてまで学費を捻出

優勝したデイが、世界のメディアの前で、ドアの話を始めた。

「父が死んで、ひとつのドアが閉まった。そして、もうひとつのドアを開いてくれたのは、僕の母……」

笑顔で饒舌だったデイが「my mom……」と口にした途端、声を詰まらせた。

昨年暮れ、筆者はデイの母デニングを訪ねて、オーストラリアのブリスベンへ行き、息子を想う母の気持ちを聞かせてもらった。

デニングはメジャー大会はおろか、デイが主戦場にしている米ツアーのレギュラー大会でさえ、じかに観戦したことは「一度もない」と言った。

「首を長くして待っていました」

息子のウイニングウォークを目の前で見たくはないのか。ウイニングパットを沈めた瞬間、祝福のハグをするのが楽しみではないのか。そう尋ねると、「それは、もはやジェイソンの妻の役目。私はジェイソンが、ただ健やかでいてくれたらそれでいい」。

夫の死後、すでに40歳を超えてから初めて運転免許を取り、いくつもの仕事を掛け持ちながら必死に働いて3人の子供を育て上げた。そして不良化していたデイの「別のドア」を開いて世界へと送り出したデニングは、その息子が高額賞金を稼ぐトッププレーヤーになった今でもコツコツ働くことを止めてはいない。

全米プロ最終日、デイがジョーダン・スピースと勝利を競い合っていた米国の日曜日の午後は、母が独りで暮らすオーストラリアでは、すでに月曜日の朝になっていた。デニングはどのように過ごしていたのか。尋ねてみると、「職場でパソコンを開いては、米ツアーのサイトを眺めて息子のスコアをチェックしていた」という。

「夏休み明けの最初の出勤日だったから、仕事が忙しくてなかなかパソコンを見る時間がなかった。スコアもなかなか更新されなくてドキドキしたけど、今どうなっているんだろうってチェックするのが楽しみでした。あの子がメジャーで優勝する日を、ずっとずっと首を長くして待っていました」

デニングからこんな言葉を聞いたとき、昨年暮れに会ったときの優しい笑顔を思い出した。

=敬称略=

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT