【産業天気図・百貨店】前半は天候不順が足を引っ張ったが、後半から婦人服中心に牽引。プラス成長維持か

百貨店業界は年度前半、ややブレーキがかかった。春の長雨、夏前の長梅雨によって客数が伸びなかったのが原因。日本百貨店協会によれば、06年4~7月まで、全国百貨店売上高は4カ月連続で前年比マイナスとなった。衣料品、食料品ともに冴えなかった。
 ただ、今後を極端に悲観する必要はなさそうだ。暑さがぶり返した8月以降は、また消費が戻っているからだ。昨年は極端な猛暑だったため、元々ハードルが高いせいもある。客数が伸び悩んでも、高額商品が売れる傾向は続いており、客単価は上昇基調。そもそも百貨店業界にとっては、お歳暮需要や年末年始商戦など年度後半に収益が偏っており、これからプラス成長に向けて十分巻き返しする余地は残っている。来春以降も新卒採用拡大などでフレッシャーズ需要が期待できる。
 個別企業で見れば、もともと会社自身が好調な見通しを期初から予想しているためか、増額修正したところは少ない。大手ではバービーズ株売却特益を計上した伊勢丹<8238.東証>、本店建て替え工事の逆風をハネ返した阪急百貨店<8242.東証>程度。高島屋<8233.東証>や三越<2779.東証>、大丸<8234.東証>などは当初予想通りに増益を維持する。昨年クールビズ需要で牽引した紳士服に比べ、今年は消費に持続性のある婦人服が健闘しているのも特徴か。
 一方、減益組は万博需要が終わり、改装負担などもかさむ松坂屋<8235.東証>くらい。大手は当面、業績好調を続けそうだ。
【大野和幸記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT