バフェット氏、最大規模の買収で近く合意か

プレシジョン・キャストパーツと交渉

 8月8日、著名投資家のバフェット氏(写真)率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイは、金属部品製造のプレシジョン・キャストパーツ買収で間もなく合意する見通し。ネブラスカ州オマハで5月撮影(2014年 ロイター/RICK WILKING)

[8日 ロイター] - 関係筋によると、著名投資家のウォーレン・バフェット氏率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は、金属部品製造のプレシジョン・キャストパーツ<PCP.N>を買収することで間もなく合意する見通しだ。実現すれば、バークシャーにとって過去最大規模の買収になる。

米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙によると、買収額は300億ドル超になる可能性があり、買収合意は早ければ来週(10日から始まる週)にも発表される、とみられている。プレシジョン・キャストパーツの時価総額は7日時点で、267億ドルとなっている。

ロイターはバークシャー、プレシジョン・キャストパーツに電話や電子メールでコメントを求めたが、今のところ返答は得られていない。

証券当局に提出した開示書類によると、バークシャーは今年3月31日時点で、プレシジョン・キャストパーツの株式のおよそ3%(8億8200万ドル相当)を保有しており、大口株主の一角を占めている。

バークシャーは10年ほど前から工業セクターへの投資を積極化させており、これまでにも部品メーカーのマーモン、イスラエル工具メーカーのイスカル、特殊化学会社のルーブリゾールなどを買収している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT