アップル、「MVNO提供検討」の報道を否定

米国と欧州で計画と報じられたが・・・

 8月4日、米アップルは通信業者を介さずにサービスを提供することを検討しているとの報道を否定した。写真は同社のロゴマーク。ニューヨークで7月撮影(2015年 ロイター/Mike Segar)

[フランクフルト 4日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は4日、通信業者を介さずに消費者に直接サービスを提供することを検討しているとの報道を否定した。

ビジネス・インサイダーは前日、アップルは米国でMVNO(仮想移動体通信事業)の試験を行っており、移動体通信業者から設備などを借り受けた上で消費者と直接契約を結ぶことを検討していると報道。欧州でも同様の事業を計画していると報じた。

これについてアップルは声明で、「アップルはMVNOについて検討しておらず、そのような計画はない」として、同報道を否定した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。