アップル、「MVNO提供検討」の報道を否定

米国と欧州で計画と報じられたが・・・

 8月4日、米アップルは通信業者を介さずにサービスを提供することを検討しているとの報道を否定した。写真は同社のロゴマーク。ニューヨークで7月撮影(2015年 ロイター/Mike Segar)

[フランクフルト 4日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は4日、通信業者を介さずに消費者に直接サービスを提供することを検討しているとの報道を否定した。

ビジネス・インサイダーは前日、アップルは米国でMVNO(仮想移動体通信事業)の試験を行っており、移動体通信業者から設備などを借り受けた上で消費者と直接契約を結ぶことを検討していると報道。欧州でも同様の事業を計画していると報じた。

これについてアップルは声明で、「アップルはMVNOについて検討しておらず、そのような計画はない」として、同報道を否定した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT