アップル、「MVNO提供検討」の報道を否定

米国と欧州で計画と報じられたが・・・

 8月4日、米アップルは通信業者を介さずにサービスを提供することを検討しているとの報道を否定した。写真は同社のロゴマーク。ニューヨークで7月撮影(2015年 ロイター/Mike Segar)

[フランクフルト 4日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は4日、通信業者を介さずに消費者に直接サービスを提供することを検討しているとの報道を否定した。

ビジネス・インサイダーは前日、アップルは米国でMVNO(仮想移動体通信事業)の試験を行っており、移動体通信業者から設備などを借り受けた上で消費者と直接契約を結ぶことを検討していると報道。欧州でも同様の事業を計画していると報じた。

これについてアップルは声明で、「アップルはMVNOについて検討しておらず、そのような計画はない」として、同報道を否定した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。