マルナカ買収をテコに、業界再編へ虎視眈々のイオン

大手各社はGMSが強みとする大量の商品を供給する力と生鮮食品の鮮度が問われる食品スーパーの融合を言ってきたが、成功事例は少ない。しかも、地方の有力スーパーは創業オーナーによる経営が多いため、供給過剰にもかかわらず再編が進まない。イオンがマルナカと相乗効果を出せれば、オーナーの世代交代を迎えたスーパーが身売りに動き出すかもしれない。

有力スーパー株も取得

再編の胎動は、ほかにもある。マルナカは、マルエツや広島の地場スーパーであるハローズ、関西のイズミヤなどの株式を持つ。中でも注目はマルエツだ。イオンは約32%を保有する筆頭株主だが、マルナカ保有分と合わせると33%超となり、株主総会で重要な議案を拒否できる権利を得る。経営にコミットしやすくなり、場合によっては再編へと発展する可能性がある。

マルナカ買収を成長へのテコとできるのか。イオンの手腕が問われることになる。

イオンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(撮影:ヒラオカスタジオ =週刊東洋経済2011年10月22日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT